03-5577-4814 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
お気軽にお問合せください。
営業時間
10:00~17:00

休業損害の計算方法と申請手続き

  1. 喜多村法律事務所 >
  2. 交通事故に関する記事一覧 >
  3. 休業損害の計算方法と申請手続き

休業損害の計算方法と申請手続き

休業損害とは交通事故でけがをした人が、そのけがが原因で働けなくなってしまったときにもらえる補償になります。対象者はアルバイトや正社員など係わりなく働いている人になります。なお専業主婦をされている方も家事は労働とみなされるので対象に入ります。
では実際休業損害でもらえる金額はどのように計算されるのか、また申請の手続きについて確認していきましょう

【休業損害の計算方法】
休業損害の計算は加害者側がどのような保険に入っているのかもよります。任意保険に入っている場合なら基本的に全額補償となり、計算方法は次のようになります

交通事故にあう前の手取りでもらう給与額÷3か月=1日あたりもらえる手取り給与額
休業損害の賠償金は日割りなので、
上記で計算した金額×交通事故が原因で休養した日にち=休業損害の賠償金

以上の計算方法が任意保険に入っているときの計算方法でした。また加害者が自賠責保険のケースだと5700円×休業日数が基本になります。ただし、5700円よりも1日の収入が多いと書類などで証明できる際は日額19000円を上限としてもらえることが出来ます。なお、専業主婦の休業損害は女性の平均年収÷365から計算をおこないます。
以上が休業損害のおもな計算方法になりました。では次に具体的な申請方法について確認をしておきましょう。

【休業損害の申請方法】
休業損害の賠償を得るためには自身の勤務先に休業損害証明書を出してもらう必要があります。正社員・アルバイトの方は勤務先に、派遣社員の方の場合は派遣元会社に依頼しましょう。
休業損害証明書は加害者側の保険会社から自身あてに送付されます。届いたら勤務先の担当部署へ作成を依頼するはこびになります。わからないときは役職のある方に聞いてみると良いでしょう。

基本的に担当部署が作成してくれますが、詳しい人がいなかったり会社の規模が小さい場合にはこの手続きをしたことがないケースもあるでしょう。そのため、自身でも作成方法を確認しておいた方が良いと思います。
必要な書類は源泉徴収、もしくは事故発生前3か月分の賃金台帳になります。

その後は休業期間・休業時間内の欠勤・有給休暇使用日・遅刻・早退、実際に休んだ日を記入します。また、上記の計算方法で休んだ給料を記入し、また事故前直近の3か月の給与を記入します。また、社会保険・労災の有無も記入します。
後は、作成日や勤務先の所在地・会社名・代表者氏名などを記入する欄があるのでそれに沿って記載すれば完成になります。
以上が休業損害の賠償の手続きになります。

喜多村法律事務所が提供する基礎知識

  • 遺産の使い込み

    遺産の使い込み

    「遺産の使い込み」と聞いて、「まさか自分の親族ではそんなことが起きるはずはない」と思われる方も多くいら...

  • 離婚問題を弁護士に依頼するメリット

    離婚問題を弁護士に依頼...

    離婚は家庭内での問題であり、他人に相談を依頼するものではないという認識の方がいるかもしれません。 しか...

  • 後遺障害

    後遺障害

    後遺障害とは、一般的に「後遺症」と呼ばれるもので、治療が完了した後も身体に残ってしまう障害のことをいい...

  • 港区の交通事故は弁護士にご相談ください

    港区の交通事故は弁護士...

    「車を駐車していたところ、いつの間にか傷をつけられてしまっていた。高級車で修理費も高いが、損害賠償請求...

  • 慰謝料

    慰謝料

    交通事故に遭遇した際、被害者は慰謝料を請求します。 慰謝料の相場には以下の3つの基準があります。 ...

  • 交通事故の流れ

    交通事故の流れ

    交通事故に遭ってしまった場合、まずは病院に行って治療を受けることが大切ですが、その次に大切になるのが事...

  • 離婚問題に関するご相談は喜多村法律事務所にお任せください

    離婚問題に関するご相談...

    喜多村法律事務所は、離婚問題の解決に重点的に取り組んでおります。 そして、日々離婚の問題を抱えたお客様...

  • 養育費の相場はいくらか

    養育費の相場はいくらか

    「子どもがいるが離婚を検討している。離婚後の生活が心配だが、養育費はどのくらい支払ってもらうことができ...

  • 一方的に離婚要求された場合

    一方的に離婚要求された場合

    離婚は基本的に夫婦双方の話し合いを経て、合意の下で成立します。 しかし、中には夫婦のどちらか一方が、勝...

よく検索されるキーワード

ページトップへ