03-5577-4814 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
お気軽にお問合せください。
営業時間
10:00~17:00

死亡事故

  1. 喜多村法律事務所 >
  2. 交通事故に関する記事一覧 >
  3. 死亡事故

死亡事故

交通事故により人を死亡させた場合、加害者は、行政上・刑事上・民事上の責任の他に、社会的な責めを負うという道義的責任を負うことになります。

そして、加害者には、通常の交通事故の場合には過失運転致死傷(自動車運転処罰法第5条)が、死亡事故の中でも特に危険な運転をしていた場合には危険運転致死傷(自動車運転処罰法第2条)が科されます。

また、被害者は、事故後、賠償請求を行います。ここで、賠償請求の進め方について説明します。

まず、相手の保険会社と示談交渉を行います。この示談交渉により、損害賠償金額や過失割合について協議がなされ、その内容により示談書を作成し、賠償金が支払われます。

示談により解決がなされなかった場合は、調停やADRを利用することになります。
■調停
 調停は簡易裁判所で行われ、調停委員会が話し合いを進めます。
■ADR
 ADRとは、裁判外の紛争解決手続きです。交通事故案件では、「公益財団法人交通事故紛争処理センター」の利用率が高くなっています。ADRを利用すれな、衡平・公正な立場の嘱託弁護士が和解を斡旋します。そして、和解の斡旋が不調となった場合にも、審査会の裁定を求めることができます。
■訴訟
 調停やADRによっても解決できない場合は、最終手段として訴訟を提起します。

そして、被害者は、以下の賠償を請求することができます。
■葬儀費用
 葬儀費用としては、葬儀にかかる費用の他に、遺体の運搬や墓地代、また初七日や四十九日などの法要の費用を請求することができます。
■死亡慰謝料
 被害者が死亡すると同時に慰謝料請求権は遺族に相続されるため、遺族が死亡慰謝料を請求することができると考えられます。
■逸失利益
 逸失利益とは、交通事故で被害者が死亡したことにより、事故後に得られるはずであったのに得られなかった収入のことをいいます。

また、死亡するまでの入通院慰謝料や、被害者が弁護士に相談した場合は、弁護士費用を請求することができます。

喜多村法律事務所は、千代田区、港区、中央区、杉並区を中心に、相続、離婚、交通事故関連の問題の対応を重点的に行っています。
法律に精通した弁護士が、問題の解決に向け、親身に対応しますので、お困りの際は、是非当事務所へご相談ください。

喜多村法律事務所が提供する基礎知識

  • 離婚の流れ

    離婚の流れ

    離婚を成立させる際、どのような流れをたどることになるのでしょうか。 離婚を目指すにあたって、まずは「...

  • 交通事故に関するご相談は喜多村法律事務所にお任せください

    交通事故に関するご相談...

    このように、交通事故に遭遇した場合に、加害者に対して、相当な賠償を請求するためには、多くの困難がありま...

  • 弁護士特約とは

    弁護士特約とは

    交通事故に遭い、ケガなどの障害を負ってしまったり(人的損害)、自分の車が壊れたり(物的損害)した場合、...

  • 過失割合

    過失割合

    過失割合とは、交通事故の当事者の過失の度合いを数値で表したもののことをいいます。例えば、信号で直進する...

  • 遺産相続のトラブル

    遺産相続のトラブル

    遺産相続におけるトラブルは多岐にわたりますが、どれもご親族を引き裂きかねない深刻なものであるということ...

  • 一方的に離婚要求された場合

    一方的に離婚要求された場合

    離婚は基本的に夫婦双方の話し合いを経て、合意の下で成立します。 しかし、中には夫婦のどちらか一方が、勝...

  • 財産分与

    財産分与

    婚姻期間中あるいは同居時から離婚時、もしくは別居までの間に婚姻関係で築かれた財産が対象で、原則2分の1...

  • 交通事故を弁護士に依頼するメリット

    交通事故を弁護士に依頼...

    交通事故に遭遇した場合、弁護士に相談するべきだとしばしば言われますが、なぜでしょうか。以下その理由を説...

  • 協議離婚

    協議離婚

    夫婦間の話し合いでの合意により成立する離婚を協議離婚といいます。 協議離婚は夫婦同士が離婚に納得すれ...

よく検索されるキーワード

ページトップへ