03-5577-4814 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
お気軽にお問合せください。
営業時間
10:00~17:00

相続放棄

  1. 喜多村法律事務所 >
  2. 相続に関する記事一覧 >
  3. 相続放棄

相続放棄

「被相続人が借金の多い人だったため、自分がその借金を肩代わりしなければならないか心配」
「被相続人の借金の総額がどれくらいなのか分からず、相続に不安がある」
このようなお悩みをお持ちの方も、少なくないでしょう。

■相続放棄とは
相続によって受け継がれる財産の中には、プラスになる財産だけでなく、借金や損害賠償債務などの「マイナスの財産」も含まれます。
しかし、その全てを必ず相続しなければならないという決まりはありません。相続そのものを放棄することによって、マイナスの財産を相続しない、ということも可能になります。これを「相続放棄」と呼びます。
一方、相続放棄した場合、プラスの財産を受け継ぐ権利も放棄することになることに留意しておく必要があります。

■相続放棄のデメリット
メリットの多い相続放棄ですが、一方でデメリットも存在します。
それは、「一度相続放棄の手続きを取った場合、後から撤回することはできない」という点です。
そのため、借金が予想していたより少なかった場合、また親族も知らなかった相続財産が後から見つかり、結果として借金の額を上回った場合であっても、相続放棄した事実は変えられません。

■相続放棄の注意点
相続放棄をする際に注意しておきたいことは、「相続放棄の期限」です。
相続の開始があったことを知った日から3ヶ月以内に、家庭裁判所に相続放棄する旨を申告しなければなりません。
それゆえ、3ヶ月を過ぎると、たとえマイナスの財産が多くあっても相続しなければならなくなってしまうことに注意しましょう。

喜多村法律事務所は、相続、離婚、交通事故などのお悩みをお持ちのお客様に対し、豊富な知識と経験で力強くサポートさせていただきます。
裁判官としての40年にわたる経験を、お客様のために最大限お役立ていたします。
千代田区、港区、中央区、杉並区にお住まいの方をはじめとして、東京都にお住まいのお客様に広くお応えしております。
相続放棄や相続問題でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

喜多村法律事務所が提供する基礎知識

  • 遺産分割

    遺産分割

    遺産分割の方法は、遺言の有無で大きく左右されます。 まずは、「遺言があった場合」についてご説明させてい...

  • 調停離婚

    調停離婚

    協議離婚が成立しなかった場合、訴訟を提起する前に、家庭裁判所へ離婚の調停をすることになります。この調停...

  • 休業損害の計算方法と申請手続き

    休業損害の計算方法と申...

    休業損害とは交通事故でけがをした人が、そのけがが原因で働けなくなってしまったときにもらえる補償になりま...

  • 交通事故の免責証書と示談書の違い

    交通事故の免責証書と示...

    交通事故と聞くと示談書や免責証書というキーワードを耳にしたことがあるでしょうか。示談書とは人身事故であ...

  • 離婚後の種類と手続き

    離婚後の種類と手続き

    離婚には、協議離婚・調停離婚・審判離婚・裁判離婚などの種類があり、それぞれ手続き方法やかかる費用が異な...

  • 財産分与

    財産分与

    婚姻期間中あるいは同居時から離婚時、もしくは別居までの間に婚姻関係で築かれた財産が対象で、原則2分の1...

  • 慰謝料(不貞行為など)

    慰謝料(不貞行為など)

    「慰謝料」とは、相手に与えられた苦痛を金銭という形で表し、謝罪という形で受け取るというものです。 巷...

  • 裁判離婚

    裁判離婚

    協議離婚でも家庭裁判所による調停でも決着がつかない場合、家庭裁判所に離婚訴訟を提起することになります。...

  • 過失割合

    過失割合

    過失割合とは、交通事故の当事者の過失の度合いを数値で表したもののことをいいます。例えば、信号で直進する...

よく検索されるキーワード

ページトップへ