03-5577-4814 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
お気軽にお問合せください。
営業時間
10:00~17:00

遺産の使い込み

  1. 喜多村法律事務所 >
  2. 相続に関する記事一覧 >
  3. 遺産の使い込み

遺産の使い込み

「遺産の使い込み」と聞いて、「まさか自分の親族ではそんなことが起きるはずはない」と思われる方も多くいらっしゃるでしょう。
しかし、遺産の使い込みは決してレアケースではないのが実情です。

遺産の使い込みの典型例は以下の通りです。
・相続財産として残しておいたはずの財産が、いつのまにか親族に使い込まれていた。
・自力でお金を下ろせない被相続人に代わってお金を下ろすと主張して、相続人の一人が依頼された以上のお金を引き出して使っていた。
このように、相続人の一人が被相続人の遺産となる財産を使いこんでしまうと、他の相続人が受け取るはずだった遺産が少なくなってしまいます。
遺産の使い込みは、相続人全員に深く関係する問題なのです。

相続人の使い込み・横領が発生してしまった場合、まずは使い込みを行った相続人に対し、預貯金の返還を請求することができます。
この場合、返還を求める相続人の法定相続分相当の遺産について、返還を求める事が可能になります。それゆえ、ご自身の法定相続分を越えた返還は求められないことに注意が必要です。

返還を求める際、重要なのは「使い込み・横領を行ったという証拠」です。
通帳や預貯金口座の取引履歴など、使い込みが分かる資料を準備し、事実を明らかにする必要があるでしょう。
しかし、遺産の使い込みを証明する上で難しい点は「問題となっている相続人本人が財産を引き出して使い込んだ」という事実を立証することです。
その場合は、被相続人が財産を引き出すことが不可能だったという立証や、相続人本人が関与を認める発言をしていた場合はそれの録音など、細かい立証作業が必要となります。

喜多村法律事務所は、相続、離婚、交通事故などのお悩みをお持ちのお客様に対し、豊富な知識と経験で力強くサポートさせていただきます。
裁判官としての40年にわたる経験を、お客様のために最大限お役立ていたします。
千代田区、港区、中央区、杉並区にお住まいの方をはじめとして、東京都にお住まいのお客様に広くお応えしております。
遺産の使い込みや相続問題でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

喜多村法律事務所が提供する基礎知識

  • 離婚の流れ

    離婚の流れ

    離婚を成立させる際、どのような流れをたどることになるのでしょうか。 離婚を目指すにあたって、まずは「...

  • 離婚後の氏と戸籍

    離婚後の氏と戸籍

    離婚後の氏について、婚姻によって氏を改めた配偶者は、離婚により婚姻前の氏に戻ることが原則です。 しか...

  • 離婚とお金

    離婚とお金

    離婚を成立させる上で、避けて通ることができないのが「お金」に関する話し合いです。 しかしながら、ご家族...

  • 婚姻費用分担請求

    婚姻費用分担請求

    「婚姻費用」とは、結婚生活を続けていくために必要な費用を指す言葉であり、主にご夫婦の生活費や子供に関す...

  • 交通事故に関するご相談は喜多村法律事務所にお任せください

    交通事故に関するご相談...

    このように、交通事故に遭遇した場合に、加害者に対して、相当な賠償を請求するためには、多くの困難がありま...

  • 慰謝料(不貞行為など)

    慰謝料(不貞行為など)

    「慰謝料」とは、相手に与えられた苦痛を金銭という形で表し、謝罪という形で受け取るというものです。 巷...

  • 死亡事故

    死亡事故

    交通事故により人を死亡させた場合、加害者は、行政上・刑事上・民事上の責任の他に、社会的な責めを負うとい...

  • 遺言作成

    遺言作成

    「遺言」とは、被相続人が相続人に対し、自分の意思に沿って財産を相続してもらうための制度です。 被相続人...

  • 裁判離婚

    裁判離婚

    協議離婚でも家庭裁判所による調停でも決着がつかない場合、家庭裁判所に離婚訴訟を提起することになります。...

よく検索されるキーワード

ページトップへ