03-5577-4814 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
お気軽にお問合せください。
営業時間
10:00~17:00

遺留分とは?

  1. 喜多村法律事務所 >
  2. 相続に関する記事一覧 >
  3. 遺留分とは?

遺留分とは?

遺産相続の言葉で遺留分というものがあります。遺留分とは被相続人の兄弟姉妹以外の相続人に保証されている最低限の遺産相続分のことです。こちらの遺留分は非常に強い効力を持っていて、遺留分以下の遺産相続分しかもらえず、不満を持った時には最低限決められている金額と実際もらった金額の差額を請求することが出来ます。これを遺留分侵害請求と呼びます。

先ほど遺留分の効力が強いとお伝えいたしましたが、被相続人がのこした遺言書もまた、効果が強いものです。基本的に遺言書が残されていた場合はその内容に沿って遺産の分割がおこなわれます。しかし、その遺言書をもってすら遺留分を侵害することはできないのです。言葉で説明してもピンと来られない方がいらっしゃると思うので具体例例を出してお話しましょう。

被相続人にはA・B・Cという相続人がおり、6000万円の遺産があったとします。被相続人との関係は直系の子供です。被相続人はAに介護をしてもらったので遺産をすべてAに引き継がせるようにと遺言書を書きました。Aは遺言書のとおり遺産である5000万円を相続しますが、ここで問題が発生します。ほかの相続人BとCが一銭ももらえないので不満を覚え遺留分侵害請求をしてきたのです。
遺留分は被相続人との関係によって割合が異なりますが、子どもの場合は法定相続分の金額の2分の1です。


つまり、以下のような取り分になります。
6,000万円(遺産の総額)÷3(子供の数)=2000万円(各こどもの法定相続分)
このケースでは遺留分は法定相続から更に2分の1となるので
2000万円(各こどもの相続分)×2分の1(遺留分の割合)=1000万円(遺留分)

このように相続人Aは6000万円を相続しましたが、B・Cの遺留分である1000万円、併せて2000万円を金銭で支払わなければなりません。
従来ですと遺留分の請求は物権、つまり不動産の共同名義などで折り合いをつけていました。しかし、2019年7月1日から施行された相続法の改正により遺留分は基本的に金銭で支払うように変わりました。また、遺留分侵害請求権は侵害されていると知ってから1年間何もしないと時効になるので注意しましょう。

喜多村法律事務所は、相続、離婚、交通事故などのお悩みをお持ちのお客様に対し、豊富な知識と経験で力強くサポートさせていただきます。
裁判官としての40年にわたる経験を、お客様のために最大限お役立ていたします。
千代田区、港区、中央区、杉並区にお住まいの方をはじめとして、東京都にお住まいのお客様に広くお応えしております。
相続問題でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

喜多村法律事務所が提供する基礎知識

  • 弁護士特約とは

    弁護士特約とは

    交通事故に遭い、ケガなどの障害を負ってしまったり(人的損害)、自分の車が壊れたり(物的損害)した場合、...

  • 離婚とお金

    離婚とお金

    離婚を成立させる上で、避けて通ることができないのが「お金」に関する話し合いです。 しかしながら、ご家族...

  • 相続を弁護士に依頼するメリット

    相続を弁護士に依頼する...

    相続に関するお悩みが生まれてしまった場合、弁護士にご相談いただくことによって、どのようなメリットがある...

  • 死亡事故

    死亡事故

    交通事故により人を死亡させた場合、加害者は、行政上・刑事上・民事上の責任の他に、社会的な責めを負うとい...

  • 離婚後の種類と手続き

    離婚後の種類と手続き

    離婚には、協議離婚・調停離婚・審判離婚・裁判離婚などの種類があり、それぞれ手続き方法やかかる費用が異な...

  • 離婚問題を弁護士に依頼するメリット

    離婚問題を弁護士に依頼...

    離婚は家庭内での問題であり、他人に相談を依頼するものではないという認識の方がいるかもしれません。 しか...

  • 相続放棄

    相続放棄

    「被相続人が借金の多い人だったため、自分がその借金を肩代わりしなければならないか心配」 「被相続人の借...

  • 損害賠償

    損害賠償

    損害賠償とは、被害者が加害者の不法行為によって損害を受けた時に、加害者が被害者に対してその損失を埋め合...

  • 交通事故の免責証書と示談書の違い

    交通事故の免責証書と示...

    交通事故と聞くと示談書や免責証書というキーワードを耳にしたことがあるでしょうか。示談書とは人身事故であ...

よく検索されるキーワード

ページトップへ