03-5577-4814 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
お気軽にお問合せください。
営業時間
10:00~17:00

一方的に離婚要求された場合

  1. 喜多村法律事務所 >
  2. 離婚問題に関する記事一覧 >
  3. 一方的に離婚要求された場合

一方的に離婚要求された場合

離婚は基本的に夫婦双方の話し合いを経て、合意の下で成立します。
しかし、中には夫婦のどちらか一方が、勝手に離婚を相手に要求する場合があります。

このように、配偶者から一方的に離婚請求された場合にどのように対応すべきなのか、また、このような事態を未然に防ぐには何をすればいいのか、について詳しく説明していきます。

まず、配偶者が勝手に離婚を推し進めていくのに、無断で離婚届を提出してしまうことがあります。この場合の怖いところは、離婚届の署名欄の記載が本当に本人のものかどうかをチェックしないまま受理されてしまうということです。
通常、離婚届は不備の無い限りその場で受理されますから、署名が本人のものかはチェックされません。もしこのようなことがあれば、夫婦の一方の同意がないまま、その場で離婚が成立してしまうことになります。
この事態を前もって防ぐためには、どのような対策が必要なのでしょうか。

「離婚届不受理申出書」という書類の存在をご存じでしょうか。
離婚届不受理申出書とは、役所に対し、離婚届を受理しないでほしいとの願い出をするための書類です。例えば、妻が役所に対して不受理申出書を提出している場合、夫が離婚届を提出しても、妻本人が不受理の申し出を取り下げない限りは離婚届が受理されることはなくなります。

では、離婚届不受理申出書の提出までに、どのような手続きを踏めばよいのでしょうか。

離婚届不受理の申し出は、必ず書面にて行わなければなりません。口頭での申し出はできません。そのため、申出書が必要になります。申出書の用紙は、各役所で手に入れることができます。用紙は基本的に無料でもらうことができ、様式をインターネットでダウンロードできるところもあるようです。

また、書類以外にも必要なものがあり、申し出時に、申出人の本人確認書類と申出人の印鑑が必要です。本人確認書類とは、自分の身分証明のできるもののことです。
これらを準備し、必要書類を提出すれば、離婚届不受理の申し出が認められます。

次に慰謝料請求についてです。
配偶者から一方的に離婚を要求され、かつ知らぬ間に離婚届を提出されてしまったなどといったケースで、慰謝料請求することが可能です。

仮に離婚届への署名も相手方が勝手に行ったということであれば、本人以外の署名を本人のものと偽って提出したわけですから、そのような行為は私文書偽造罪などの犯罪に該当する恐れがあります。
このような事情を持ち出し、交渉をうまく進めることで慰謝料を勝ち取ることができるかもしれません。

また、相手方からの一方的な離婚の要求は、不倫相手の存在によるものも大変多くなっています。そのような場合にも、配偶者もしくは不倫相手に対して慰謝料を請求することが可能です。

喜多村法律事務所が提供する基礎知識

  • 交通事故の加害者家族に慰謝料は請求できるか

    交通事故の加害者家族に...

    交通事故に遭い、傷害を負ったり(人身事故)自分が持っている車が破損したり(物損事故)すると、交通事故を...

  • 不倫・浮気の慰謝料を示談交渉するには

    不倫・浮気の慰謝料を示...

    「妊娠中に夫の不倫が発覚した。不倫相手から慰謝料をもらうことはできるのだろうか。」 「婚約前に浮気され...

  • 離婚後の種類と手続き

    離婚後の種類と手続き

    離婚には、協議離婚・調停離婚・審判離婚・裁判離婚などの種類があり、それぞれ手続き方法やかかる費用が異な...

  • 相続に関するご相談は喜多村法律事務所にお任せください

    相続に関するご相談は喜...

    では、数ある弁護士事務所の中から、喜多村法律事務所をお選びいただくことのメリットについて、ご紹介させて...

  • 示談交渉

    示談交渉

    示談交渉は、死亡事故であれば「被害者の四十九日法要が終了したタイミング」あたりから、傷害事故であれば「...

  • 人身事故

    人身事故

    人身事故とは、交通事故により、被害者が怪我をしたり、後遺障害を患ったりする事故のことをいいます。 そし...

  • 交通事故に関するご相談は喜多村法律事務所にお任せください

    交通事故に関するご相談...

    このように、交通事故に遭遇した場合に、加害者に対して、相当な賠償を請求するためには、多くの困難がありま...

  • 遺産分割協議書の作成

    遺産分割協議書の作成

    相続が発生し、相続人同士で遺産の分け方を決定する場合、遺産分割協議をする必要があります。 その内容を書...

  • 裁判離婚

    裁判離婚

    協議離婚でも家庭裁判所による調停でも決着がつかない場合、家庭裁判所に離婚訴訟を提起することになります。...

よく検索されるキーワード

ページトップへ