03-5577-4814 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
お気軽にお問合せください。
営業時間
10:00~17:00

後遺症認定 慰謝料

  1. 喜多村法律事務所 >
  2. 後遺症認定 慰謝料

後遺症認定 または 慰謝料に関する基礎知識記事や事例

  • 損害賠償損害賠償

    損害賠償とは、被害者が加害者の不法行為によって損害を受けた時に、加害者が被害者に対してその損失を埋め合わせることをいいます。交通事故においては、例えば、交通事故によってケガをした際に、加害者が被...

  • 財産分与財産分与

    婚姻期間中あるいは同居時から離婚時、もしくは別居までの間に婚姻関係で築かれた財産が対象で、原則2分の1です。別居から離婚まで間がある場合、概ね別居時を基準時とする説が有力です。 「財産分与」と...

  • 離婚の裁判には費用がいくらかかるか離婚の裁判には費用がいくらかかるか

    夫婦間での協議や、調停によって離婚の話がまとまらなかった際には、裁判上の離婚(民法770条参照)を請求することになるかと思います。 では、離婚の裁判をするにあたっては、どれぐらいの費用が必要とな...

  • 示談交渉示談交渉

    示談交渉は、死亡事故であれば「被害者の四十九日法要が終了したタイミング」あたりから、傷害事故であれば「治療が終了したタイミング(後遺障害等級認定申請を行わない場合)」か、「後遺障害等級が確定した...

  • 不倫・浮気の慰謝料を示談交渉するには不倫・浮気の慰謝料を示談交渉するには

    「妊娠中に夫の不倫が発覚した。不倫相手から慰謝料をもらうことはできるのだろうか。」 「婚約前に浮気された場合は、慰謝料を請求することはできないのだろうか。」 男女感において、浮気や不倫の慰謝料に...

  • 交通事故の加害者家族に慰謝料は請求できるか交通事故の加害者家族に慰謝料は請求できるか

    交通事故に遭い、傷害を負ったり(人身事故)自分が持っている車が破損したり(物損事故)すると、交通事故を起こした相手(加害者)に対して損害賠償請求(慰謝料の請求)をすることができます(民法709条...

  • 離婚とお金離婚とお金

    離婚を成立させる上で、避けて通ることができないのが「お金」に関する話し合いです。 しかしながら、ご家族とお金の話し合いをすることが憚れる、という方も少なくないのが実情です。 ですが、後悔なく離...

  • 死亡事故死亡事故

    交通事故により人を死亡させた場合、加害者は、行政上・刑事上・民事上の責任の他に、社会的な責めを負うという道義的責任を負うことになります。 そして、加害者には、通常の交通事故の場合には過失運転致...

  • 港区の交通事故は弁護士にご相談ください港区の交通事故は弁護士にご相談ください

    「車を駐車していたところ、いつの間にか傷をつけられてしまっていた。高級車で修理費も高いが、損害賠償請求しようにも加害者が分からず困っている。」 「社用車に追突されてしまった。損害賠償は運転してい...

  • 一方的に離婚要求された場合一方的に離婚要求された場合

    離婚は基本的に夫婦双方の話し合いを経て、合意の下で成立します。 しかし、中には夫婦のどちらか一方が、勝手に離婚を相手に要求する場合があります。 このように、配偶者から一方的に離婚請求された場合...

喜多村法律事務所が提供する基礎知識

  • 相続放棄申述受理証明書とは

    相続放棄申述受理証明書とは

    人が亡くなったときに相続は開始され(民法882条)、財産又は借金などが相続人へと承継されることとなりま...

  • 遺言作成

    遺言作成

    「遺言」とは、被相続人が相続人に対し、自分の意思に沿って財産を相続してもらうための制度です。 被相続人...

  • 慰謝料(不貞行為など)

    慰謝料(不貞行為など)

    「慰謝料」とは、相手に与えられた苦痛を金銭という形で表し、謝罪という形で受け取るというものです。 巷...

  • 離婚とお金

    離婚とお金

    離婚を成立させる上で、避けて通ることができないのが「お金」に関する話し合いです。 しかしながら、ご家族...

  • 遺産分割

    遺産分割

    遺産分割の方法は、遺言の有無で大きく左右されます。 まずは、「遺言があった場合」についてご説明させてい...

  • 港区の交通事故は弁護士にご相談ください

    港区の交通事故は弁護士...

    「車を駐車していたところ、いつの間にか傷をつけられてしまっていた。高級車で修理費も高いが、損害賠償請求...

  • 財産分与

    財産分与

    婚姻期間中あるいは同居時から離婚時、もしくは別居までの間に婚姻関係で築かれた財産が対象で、原則2分の1...

  • 相続放棄

    相続放棄

    「被相続人が借金の多い人だったため、自分がその借金を肩代わりしなければならないか心配」 「被相続人の借...

  • 離婚問題に関するご相談は喜多村法律事務所にお任せください

    離婚問題に関するご相談...

    喜多村法律事務所は、離婚問題の解決に重点的に取り組んでおります。 そして、日々離婚の問題を抱えたお客様...

よく検索されるキーワード

ページトップへ