03-5577-4814 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
お気軽にお問合せください。
営業時間
10:00~17:00

離婚 親権 裁判

  1. 喜多村法律事務所 >
  2. 離婚 親権 裁判

離婚 親権 裁判に関する基礎知識記事や事例

  • 離婚後の子供の相続権離婚後の子供の相続権

    ■相続の仕組み 相続とは、被相続人(亡くなった人)の生前有していた一切の権利義務を承継することをいいます。被相続人が遺言書を作成していればその遺言書に記載された人が相続し、遺言書がなければ民法上...

  • 面会交流権面会交流権

    離婚後、親権者にならなかった方が、子供と一緒にいたり、一緒に時間を過ごしたりすることを面会交流といい、その権利を面会交流権といいます。 親である以上、親権がなくても、子供に会い、一緒に過ごす権...

  • 親権と監護権親権と監護権

    お子様をめぐる問題のうち、特に争われやすいものが「お子様の親権と監護権」をめぐる問題です。 お子様の親権は、主に以下の3つの権利・義務から構成されています。 1つ目は、「未成年の子供を監護、養...

  • 離婚後の氏と戸籍離婚後の氏と戸籍

    離婚後の氏について、婚姻によって氏を改めた配偶者は、離婚により婚姻前の氏に戻ることが原則です。 しかし、離婚成立の日から3か月以内に「離婚の際に称していた氏を称する届出」を行うことで、婚姻中の...

  • 子供の養育費子供の養育費

    「養育費」とは、お子様を監護・教育するために必要となる費用(主に生活に必要な経費や、教育費、医療費など)を指す言葉です。 未成年のお子様を養育するのは簡単ではない上、多額の費用が必要となります。...

  • 協議離婚協議離婚

    夫婦間の話し合いでの合意により成立する離婚を協議離婚といいます。 協議離婚は夫婦同士が離婚に納得すれば可能となり、裁判離婚で必要とされる法定離婚原因は必要とされません。また、裁判所での手続きも...

  • 父親が親権を勝ち取るには父親が親権を勝ち取るには

    協議離婚(夫婦の話し合いによって離婚すること)であれば、夫婦間に未成年の子どもがいる場合、子どもの親権者を父親か母親かのどちらか一方に定める必要があります。そのため、夫婦間の話し合いの結果、父親...

  • 離婚と子供離婚と子供

    離婚にあたって双方の意見が食い違い、離婚トラブルの元凶となってしまう問題の共通点は、「双方にとって大切な存在であるもの」という事項です。 それゆえ、「お子様」に関する問題もまた、離婚に際しトラブ...

喜多村法律事務所が提供する基礎知識

  • 協議離婚

    協議離婚

    夫婦間の話し合いでの合意により成立する離婚を協議離婚といいます。 協議離婚は夫婦同士が離婚に納得すれ...

  • 調停離婚

    調停離婚

    協議離婚が成立しなかった場合、訴訟を提起する前に、家庭裁判所へ離婚の調停をすることになります。この調停...

  • 審判離婚

    審判離婚

    審判離婚とは、裁判所が夫婦間の離婚について結論を出し、離婚を成立させる方法です。 一般的に、離婚に向...

  • 示談交渉

    示談交渉

    示談交渉は、死亡事故であれば「被害者の四十九日法要が終了したタイミング」あたりから、傷害事故であれば「...

  • 遺産分割協議書の作成

    遺産分割協議書の作成

    相続が発生し、相続人同士で遺産の分け方を決定する場合、遺産分割協議をする必要があります。 その内容を書...

  • 遺産相続のトラブル

    遺産相続のトラブル

    遺産相続におけるトラブルは多岐にわたりますが、どれもご親族を引き裂きかねない深刻なものであるということ...

  • 遺言書の検認手続き

    遺言書の検認手続き

    被相続人が遺言書を作成していた場合は、遺言の執行が必要になります。遺言の執行とは、遺言書に記載された内...

  • 離婚後の種類と手続き

    離婚後の種類と手続き

    離婚には、協議離婚・調停離婚・審判離婚・裁判離婚などの種類があり、それぞれ手続き方法やかかる費用が異な...

  • 一方的に離婚要求された場合

    一方的に離婚要求された場合

    離婚は基本的に夫婦双方の話し合いを経て、合意の下で成立します。 しかし、中には夫婦のどちらか一方が、勝...

よく検索されるキーワード

ページトップへ